天然ガス自動車の安全性について

CD・DVD天然ガス自動車とはどのような自動車なのでしょうか。
天然ガス自動車は、その名前の通り天然ガスを燃料として走る自動車のことです。
天然ガスは、窒素酸化物や硫黄酸化物をほとんど排出せず、二酸化炭素も通常のガソリン車に比べると、2割~3割ほど削減することができるので、地球温暖化に効果があり、環境に優しい自動車として注目を集めています。

天然ガス自動車はとても安全性が高い自動車だと言われています。
ガスを燃料としているので、交通事故のときにガスが漏れることがあれば大爆発が起こるのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、その心配はありません。
交通事故などで車が破損するようなことがあっても、燃料の配管やガスをためている容器が壊れることはありません。

配管や容器が壊れないかどうかは、実験により問題がないと検証されているので、事故が起こったときも安心です。
また、万一のときには、ガスが車の外に放出される仕組みになっています。
外に放出されたガスは、空気より軽いため、上空に拡散されるので、ガスに引火して大爆発が起こるというようなことはありません。
天然ガス自動車は、安全で、環境にも優しい自動車なので、注目を集めています。

Comments are closed.