Archive for the ‘未分類’ Category

購入にあたってのチェックポイント

現代社会において車は日常生活を送る上で欠かせない物ですが、環境への配慮やランニングコストの削減の為に様々な新しい試みが行われています。
電気をエネルギー源にしてモーターで走行する電気自動車や水素を燃料とする水素自動車や天然ガスを燃料にした天然ガス自動車、低燃費性能の高いガソリンエンジンと電気モーターを併用するハイブリッドカーなど先進的な考え方で開発された車が商業化されています。

現在、天然ガス自動車は業務車両を中心に普及し始めており、欧米などでは他のタイプの車と同様に少しずつシェアを獲得しています。
天然ガス自動車を購入するチェックポイントとしては、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンを搭載した車と同レベルの走行が出来るのか、ビジネスに導入して業務を行なうことが出来るのかどうかということです。
天然ガスをエネルギー源にする天然ガス自動車は、ディーゼルエンジンのような排気ガスを排出する心配が無く、環境に優しい車です。

また、走行に関してもガソリン車と遜色が無く、天然ガス自動車を導入することで、企業にクリーンなイメージを与えるといった利点もあります。
まだ車種が限られている為、業務用としての導入が中心ですが、天然ガス自動車の普及は広がりを見せています。

天然ガス自動車の安全性について

CD・DVD天然ガス自動車とはどのような自動車なのでしょうか。
天然ガス自動車は、その名前の通り天然ガスを燃料として走る自動車のことです。
天然ガスは、窒素酸化物や硫黄酸化物をほとんど排出せず、二酸化炭素も通常のガソリン車に比べると、2割~3割ほど削減することができるので、地球温暖化に効果があり、環境に優しい自動車として注目を集めています。

天然ガス自動車はとても安全性が高い自動車だと言われています。
ガスを燃料としているので、交通事故のときにガスが漏れることがあれば大爆発が起こるのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、その心配はありません。
交通事故などで車が破損するようなことがあっても、燃料の配管やガスをためている容器が壊れることはありません。

配管や容器が壊れないかどうかは、実験により問題がないと検証されているので、事故が起こったときも安心です。
また、万一のときには、ガスが車の外に放出される仕組みになっています。
外に放出されたガスは、空気より軽いため、上空に拡散されるので、ガスに引火して大爆発が起こるというようなことはありません。
天然ガス自動車は、安全で、環境にも優しい自動車なので、注目を集めています。

特徴と課題は?

天然ガス自動車とはその名の通り燃料に天然ガスを使って走る自動車のことです。大抵天然ガスは圧縮して効率化したものを使い燃料とすることからCNG自動車とも呼ばれます。低公害車であり、従来のディーゼルエンジンのものと比べ排気ガス中の有害物質が極端に少なく済むことが最大の特徴です。最近の環境保全の観点から自動車燃料として急速に普及しています。逆にガソリン車と比べた場合の問題点もあり、気体である天然ガスを使用することからたとえ圧縮した場合においても体積が膨大であることから、運搬性に難があります。

窒素酸化物や二酸化炭素、硫黄酸化物に至るまで大幅に排出量が少なくなる天然ガス燃料ですが、中でも二酸化炭素排出量は化石燃料の中で最も抑えられるため、温暖化対策として非常に期待されています。燃料としてのデメリットは上述しましたが、他にも天然ガス供給設備、天然ガス自動車双方とも導入するコストが大きくなってしまい、車両本体価格に至ってはディーゼル車両と比べた場合1.5倍~2倍程度の価格増しになってしまいます。

天然ガスを用いた場合燃料が気体であることから、体積は大幅に増えてしまうものの、液体燃料よりも重量の面で非常に優れており、燃料タンクに樹脂製のものを使うことで自動車の軽量化を図ることが可能です。

天然ガス自動車の仕組みは?

現在私たちの生活において欠かせない足となっている自動車。
ビジネス・プライベートを問わず、多様な場面で活躍をしていますし、自分の都合の良い時に目的地まで一直線に向かうことができるので、利便性が高く、忙しい現代人にとっては、無くてはならないもの、と言っても過言ではないでしょう。

そんな自動車ではありますが、近年では環境問題が叫ばれるようになり、環境に優しい自動車の開発が進められています。
環境に優しい電気自動車やハイブリットカーなどが一般販売され、こうしたエコカーを選択する企業・個人が増えてきています。

このようなエコカーの一つとして天然ガス自動車というものが存在します。
今回はこのエコカーについて解説をします。
この自動車は天然ガスというものを燃料としている自動車のことを指します。
天然ガスというのは燃やした時に発生する二酸化炭素の量がガソリンに比べて少なく、地球温暖化対策において環境に優しいエネルギーの一つとして注目されているエネルギーの一つです。

天然ガスを動力とする自動車の構造は、一般的なガソリンカーとほぼ同等です。
しかし、構造は同等であっても、天然ガスを動力としているため、振動や騒音を抑えることができますし、気体燃料であるため、寒さに強いといった利点もあります。
世の中で数多く開発が進められているエコカー。
なるべく多くの種類や性能について知っておきたいですね。

クリーンディーゼル車の普及状況

テクノロジー03大気汚染防止法や自動車NOx・PM法が制定され、都心部を中心に従来のディーゼル車を乗ることができません。これはディーゼルエンジンから排出される粒子状物質(PM)や硫黄酸化物そして窒素酸化物 (NOx) が大気を汚染し、喘息や肺病など様々な病気を引き起こす原因となっているからです。このために国内メーカーでは次々にディーゼルエンジン製造から撤退していきました。
 

しかし、最近は排気ガスに含まれる有害物質を除去することができるクリーンディーゼルエンジンが開発され、日本国内でも徐々に普及し始めています。国産車メーカーで一歩先を行くのがマツダで、CX-5やアクセラにクリーンディーゼルエンジン搭載車をラインナップし注目されています。新型デミオでは国内初となる1500ccのクリーンディーゼルエンジンも登場する予定です。また、クリーンディーゼルエンジンを搭載するヨーロッパ車も輸入されています。

国内ではハイブリッド車ばかりがエコカーとして注目されていますが、クリーンディーゼル車もガソリン車よりも燃費がよく、さらに燃料費がガソリン単価よりも安いので、トータルではかなり燃料費を抑えることができます。またディーゼルエンジンはトルクがあるので、発進加速がガソリン車よりもパワフルなのも魅力です。

コモンレールディーゼルって

コモンレールディーゼルとは主にディーゼルエンジンで使用される燃料室内に燃料を高圧で噴射する噴射ポンプの仕組みのことです。現在多くの乗り物に使用されているディーゼルエンジンには全てこの噴射ポンプが重要な役割を果たしています。最近まではクランクシャフトやカムシャフトと呼ばれる仕組みが主流であったものの、現在は世界的に環境保全の動きが強化されてることもあり自動車排出ガス規制に対応するため、コモンレール式のものが使われています。

コモンレール式のものは自動車排出ガス規制に対応した噴射方式であり、噴射の制御はEUCが管理する電磁式インジェクターによって行われます。金属製のパイプに燃料を蓄えた後に、各々のインジェクターから噴射されます。コモンレールがディーゼルエンジンに初めて使用されたのは1910年代とかなり昔ですが、当時の開弁圧は現在のものと比べると極端に低いもので決して主流になるものではありませんでした。

しかし1960年代にはスイスのロベルト・フーバーによって現在に近いものが開発され、その後現在と同様のものを日本のデンソーが実用化に成功。1997年末にボッシュにおいて一般的な乗用車への取り付けが実用化されました。

クリーンディーゼル車の悪い点

日本では、ディーゼルエンジン車というと、黒い煙をモクモク吐きだしながら走り回るイメージがありました。
また、ディーゼルエンジン特有のガラガラという音もあり、日本では最近までディーゼル車を避ける風潮がありました。

ところが、現在の最新のディーゼルエンジンであるクリーンディーゼル車は、こうした黒煙は全く出ず、またエンジン音も極めて静かになっており、ガソリン車と遜色ないレベルになってきています。
ただし、最新のクリーンディーゼルにも全く問題点がないわけではありません。
まず、価格の問題です。
通常のガソリン車と比べると、価格では1~2割は割高になります。
燃費が良いうえに燃料費も安く済むため、購入後の維持費はガソリン車より下がりますが、それでもかなり長期間乗らないと、当初の価格差は埋まりません。

そして、クリーンディーゼル搭載車が少ないことも問題です。
国内では、まだクリーンディーゼル搭載車が少ないため、車種の選択肢が限られます。
好きなクルマにクリーンディーゼルの設定がなければ、選びようがないのです。
同様に燃費面で優れるガソリンハイブリッド車の種類と比べると、その差は歴然です。
このように、価格面や車種のバリエーションの面で、なかなか積極的に選びづらいところが問題点といえます。

クリーンディーゼル車の良い点

テクノロジー07従来、ディーゼル車は、軽油を使用することで燃料費がガソリンに比べて安く、燃費もいいと考えられていました。
ガソリンエンジンと違い構成部品が少なく、ディーゼル設定のある車で同一車種ではディーゼルは低いグレードに設定されており、車両価格が安く燃費がガソリン車に比べて良いという点がメリットとしてありました。

しかし、近年では軽油税が高くなり、ガソリンと比べて10円程度しか燃料費が変わらず、ディーゼル特有の騒音や振動、排出される黒煙などの問題が多く、近年ディーゼル車のグレード設定は少なくなりました。
これらのマイナス点を解消する概念としてクリーンディーゼルというものが出ると、CO₂排出量が少なく、騒音を抑えて、振動もほとんどないような技術革新がされました。
人体に影響のある微粒子PMなどの排出も排ガス除去装置により遮断され、クリーンで環境に良い状況となりました。

最新のディーゼルでクリーンエンジンを搭載した車では、ブレーキを踏んで信号待ちなどで止まると、エンジンカットでアイドリング時の燃料消費を抑えるアイドリングストップ機能を搭載するなど、燃費水準の向上にも大きく役割を果たすもので、環境と燃費という両方でメリットが高いです。

クリーンディーゼル車って

私たちの生活において密接に関係している自動車。
通学や買い物、レジャーといったプライベートから、ビジネスまで、幅広く私たちの生活に浸透していて、現代人の生活の足とも言えます。
環境問題が取り上げられるようになった昨今では、自動車も環境に優しいものに乗ることを推奨されるようになり、自動車選択の際に電気自動車やハイブリットカーといったエコカーが選ばれることが多くなりました。

数多くの種類があるエコカーですが、今回はそのうちの一つであるクリーンディーゼル車に解説をします。
そもそもディーゼル車と言えば、排気ガスに黒煙が含まれており、環境に優しくない車というのが一昔前の一般的な常識でした。
しかし、近年では黒煙除去フィルターやターボの採用など、開発技術が進歩したことで、クリーンなものとして現在再び注目を集めているのです。

ディーゼル車は燃料は軽油を用い、圧縮した高温の空気中に燃料を噴火させ、着火させる仕組みとなっています。
エンジンの熱効率が良いので、ガソリン車よりも燃費が良いですし、二酸化炭素の排出量が少なく、地球温暖化防止の効果も期待できます。
現代社会には多種多様なエコカーがあります。
各エコカーの強みをぜひとも知っておきたいですね。