天然ガス自動車の仕組みは?

現在私たちの生活において欠かせない足となっている自動車。
ビジネス・プライベートを問わず、多様な場面で活躍をしていますし、自分の都合の良い時に目的地まで一直線に向かうことができるので、利便性が高く、忙しい現代人にとっては、無くてはならないもの、と言っても過言ではないでしょう。

そんな自動車ではありますが、近年では環境問題が叫ばれるようになり、環境に優しい自動車の開発が進められています。
環境に優しい電気自動車やハイブリットカーなどが一般販売され、こうしたエコカーを選択する企業・個人が増えてきています。

このようなエコカーの一つとして天然ガス自動車というものが存在します。
今回はこのエコカーについて解説をします。
この自動車は天然ガスというものを燃料としている自動車のことを指します。
天然ガスというのは燃やした時に発生する二酸化炭素の量がガソリンに比べて少なく、地球温暖化対策において環境に優しいエネルギーの一つとして注目されているエネルギーの一つです。

天然ガスを動力とする自動車の構造は、一般的なガソリンカーとほぼ同等です。
しかし、構造は同等であっても、天然ガスを動力としているため、振動や騒音を抑えることができますし、気体燃料であるため、寒さに強いといった利点もあります。
世の中で数多く開発が進められているエコカー。
なるべく多くの種類や性能について知っておきたいですね。

Comments are closed.