特徴と課題は?

天然ガス自動車とはその名の通り燃料に天然ガスを使って走る自動車のことです。大抵天然ガスは圧縮して効率化したものを使い燃料とすることからCNG自動車とも呼ばれます。低公害車であり、従来のディーゼルエンジンのものと比べ排気ガス中の有害物質が極端に少なく済むことが最大の特徴です。最近の環境保全の観点から自動車燃料として急速に普及しています。逆にガソリン車と比べた場合の問題点もあり、気体である天然ガスを使用することからたとえ圧縮した場合においても体積が膨大であることから、運搬性に難があります。

窒素酸化物や二酸化炭素、硫黄酸化物に至るまで大幅に排出量が少なくなる天然ガス燃料ですが、中でも二酸化炭素排出量は化石燃料の中で最も抑えられるため、温暖化対策として非常に期待されています。燃料としてのデメリットは上述しましたが、他にも天然ガス供給設備、天然ガス自動車双方とも導入するコストが大きくなってしまい、車両本体価格に至ってはディーゼル車両と比べた場合1.5倍~2倍程度の価格増しになってしまいます。

天然ガスを用いた場合燃料が気体であることから、体積は大幅に増えてしまうものの、液体燃料よりも重量の面で非常に優れており、燃料タンクに樹脂製のものを使うことで自動車の軽量化を図ることが可能です。

Comments are closed.